アンタレスさんの歌から5首

(Thu)

Posted in 題詠blog2011鑑賞

2 Comments

題詠blog2011を走り終えた皆さまの歌を鑑賞させていただきます。今回は、アンタレスさんの歌から5首を選ばせていただきました。

002:幸
幸せを願い娘の名に幸つける老いて今問う幸とは何ぞ


年齢や人生経験を重ねないと詠めない歌は確実に存在する。上記の歌も、この典型だろう。
ただただ幸せであれと願ってつけた娘の名であるのに、何十年も経ても「幸せとは何なのか」という問いが自らの胸に去来する。一見苦くも見えるそんな思いの裏に、その名をもつ人の幸いを絶えず願う心が灯りつづけているのだ。


015:とりあえず
求めいし本三册が届きたりとりあえず讀む薄き本から


自分の歌には共感されてもあまりぴんと来ないのだが(ある程度自らと切り離して作歌しているからだと思う)、自分が短歌を読むときにはどこかしら共感をキィにしている節がある。わがままなものだ。
この歌も、「あなたもそうなのね」と思わず取ってしまった。本を買ってきても、図書館で借りてきても、はたまた通販で受け取っても、はじめに読むのはいつもまんがや薄い本からだ。「とりあえず」という言葉がとてもうまく使われていると思う。


059:騒
静かなる海に人恋う夕暮れの砂浜に座し潮騒を聴く


人が恋しいからといって、人の多い場所へ行ってはならない。自分とは無関係な人の多さで、孤独を更に深めるだけだからだ。
この人物は、人を恋うときには海へ向かうようだ。ひとり座って耳をかたむける潮騒は、無人のざわめきのように聞こえる。一日のひとときの、心休まる瞬間だ。


087:閉
格子無き牢獄なりやわが日々はドア閉ざされぬ歩けず籠る


自らが歩けない、それゆえに部屋は、日々は、格子のない牢獄となる。格子がないということは、おそらく鍵もない。だからこそ絶望感が募るのだろう。
上句にインパクトがあり非常に印象的だが、辿々しい下句に改善の余地があるか。


095:遠慮
遠慮なくお持ち下さい張り紙の植木鉢あり主老いしと


住宅街の玄関先に並んだ植木鉢にこういった張り紙があることは珍しくはないが、結句のその理由というのが意表を突いている。老いて世話ができなくなって手放すのがペットなどの生きものではなく植木鉢であることが無性に悲しい。本来であれば、そういった無聊を慰めてくれるのが植物であろうに。あるじの体調は大丈夫なのか、代わりに世話をしてくれる人もいないのか。そういったことが気に掛かり、取らずにはいられなかった一首だった。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。